再び話題のマトリックス

美しい緑の星に続いて、今とっても話題になっている映画があります。

それは「マトリックス」です。

これも、1999年作、今から20年前の作品ですね。

以前に2回ほど観たことがあるのですが。

アクションシーンが目についてかっこいい、エージェントがしつこくて無敵〜と思った印象が強く、

当時、内容はイマイチ理解できませんでした。

しかし今日、3回目観て、だいぶ理解できてきました。

この映画はセリフやワードも印象的なものがたくさんあります。

モーフィアスが主人公ネオに赤い薬と青い薬を差し出すシーンがあります。

「青い薬を飲めば、元どおりの生活に戻る。赤い薬を飲めば真実を知ることができる。」

少し自分とネオを重ねて観ました。

私は赤い薬を求めて…飲み始めているかもしれません。

コロナウィルス がきっかけで、テレビのニュースでは放送されない裏の出来事をYouTubeやTwitterなどで色々知ることになり…

自分、まさにマトリックスの世界に居たんだなあ〜と感じています。

と、同時に、自分の頭が混乱したり、眠気が急にきたり、ぼーっとしたりしている日々です。

頭がぼーっとしている最中ですが、クリアーになるまで、もう後に引けませんね(苦笑)時間が必要です。

また、このマトリックスの映画の最初の方に、「ホワイトラビット」という言葉が出てきます。

当時はなんのこっちゃ?と思ったのですが…

最近知りました。

ホワイトラビットはアドレノクロムに関係しているようです。

分子構造がウサギの形に似ているから?

ここからどんどん追求していくと…

色んな事がわかってきました。

20年以上も前の映画ですが、ホワイトラビットというワードも発しているし、マトリックスは、単なる娯楽ではない。

今の私たちへ何かしら強いメッセージを伝えているように思えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA