12月の旅その3 足立美術館&水木しげるロード

友達のYちゃんが来て2日目は、足立美術館水木しげるロードへ行った。

足立美術館は、島根県安来市にある。

地元出身の実業家、足立全康さんがコレクションしていた絵、陶芸、木彫等がある美術館。

特に、横山大観の絵はかなりある!130点も!

そして、この美術館、そんじょそこらの美術館ではない。

すっご~ぃ!日本庭園が楽しめるのだ。

米国において、日本庭園ランキングで、初回の2003年から2008年まで、6年連続で庭園日本一に選出されている!

adachimusium.jpg

窓があり、その窓が額縁代わりになり、日本庭園がまるで絵画のように見えるような仕掛けをしてあるのもあった。

滝の水の音がする日本庭園を見ていると、日頃たまったストレスとか雑念とか忘れ、ココロがすーっと洗われた気持になった。

昔の人はこんな風に季節を楽しんでいたんだな~。

うまく言えないけど、「日本人のココロ」のようなモノを感じた。

なんと高尚な楽しみ方なんだ!私は日本がますます好きになった。

この日本庭園は、春夏秋冬、季節によっても楽しめる。

年間フリーパス(6000円)を買えば、一年の間、いつでも何回でも美術館に足を運べるという!こんな高尚な楽しみ方からすれば、とても安いほうだ!

米子駅からバスで約20~25分程のところ。

ココロや頭がざわざわしている時などに、日本庭園と芸術作品を静かにぼーっと観て過ごすと、ココロや頭が一掃できそう!

adachimusium2.jpg

そして境港の水木しげるロードへ!

米子駅から列車で境港へ。ラッキーな事に、鬼太郎列車に乗れた

kitaroressya.jpg

水木しげるロードには、120体の妖怪のブロンズ像が立ち並んでいる。

いま私がハマっている妖怪は、油すましと、つるべおとし!

「油すましの油とり紙」なんてのも買ってしまった・・・

aburasumashi.jpg  turubeotosi.jpg

夜はこんな妖しくかわいくライトアップされます。

mizukirodo.jpg

福岡から鳥取に来て住んで約一年。

知らない土地で初めての環境の中、いろんな発見があった一年だった。

特に自分自身の事。良い面も悪い面も含めて。大きなショックを受けた時もあった。(一人の時間もわりと多かったので自分を冷静に見つめる時間が多かったのかな)

でもそれはぜーんぶ私の人生に必要な出来事だった。

今年のそれらのショックな経験のおかげで、来年の大きな課題がデキタ!

来年は妄想を少しでもやめて、五感で生きよう。

ココロも体も(お金もw)健康になりたい!

日進月歩。

☆☆☆読んで戴いた皆様、ありがとうございました。また来年もコツコツと記事を増やしていきたいと思います。それではよいお年を☆☆☆

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA