カテゴリー別アーカイブ: 2008年

12月の旅その3 足立美術館&水木しげるロード

友達のYちゃんが来て2日目は、足立美術館水木しげるロードへ行った。

足立美術館は、島根県安来市にある。

地元出身の実業家、足立全康さんがコレクションしていた絵、陶芸、木彫等がある美術館。

特に、横山大観の絵はかなりある!130点も!

そして、この美術館、そんじょそこらの美術館ではない。

すっご~ぃ!日本庭園が楽しめるのだ。

米国において、日本庭園ランキングで、初回の2003年から2008年まで、6年連続で庭園日本一に選出されている!

adachimusium.jpg

窓があり、その窓が額縁代わりになり、日本庭園がまるで絵画のように見えるような仕掛けをしてあるのもあった。

続きを読む

12月の旅その2 「縁結び」の八重垣神社へ!

鳥取砂丘へ行った後、今度は帰宅する方向へ引き返し、島根県は松江にある、 「八重垣神社」へ行った。

スサノオノミコトが、大蛇を退治したあと、稲田姫と新居を構えた地と言われている。

縁結びの神社である。ココには面白い占いがある!稲田姫が鏡の代わりに使っていた池だそうだ。

その名も良縁占いの「鏡の池」である。女性に人気のようで、結構女性が集まって占いをやっていた。

kagaminoike.jpg

早速、独身の友達と、既婚者はタブーかしらんけど・・・私も占っちゃった。

続きを読む

12月の旅その1 鳥取砂丘へ!

鳥取に住んで約1年。

念願の、「鳥取砂丘でラクダに乗る」事が叶った
熊本から遊びに来てくれたYちゃんのおかげ。
友達が来てくれたら、観光地にでかける(自分とダンナ二人だといつも珍スポットばかり)
境港から、約3時間かけて車で行った。
20081223 056.jpg
行ったその日は、少し雨や雪が降っていたおかげで、砂がサラサラではなく水分で少し固まっていて、とても歩きやすい状態だった!(晴れてる日はかえって歩きにくい)

sakyu smoll.jpg

続きを読む

老いない食べかた

(株)ウィル・サーチの社長であり、ウィルヒアルロン酸開発者・博士である 若山祥夫博士著書の待望の本が出版されます

そのタイトルはずばり、 「老いない食べかた」

食べることは人間に必要な事、誰もがやっている行為。むしろ私は暇さえあれば食べていたい・・・食べること大好き

そして老いる事も、人間なら誰でも起こる自然現象。イヤでも老います。避けられない・・・

でも、同じ食べる行為でも、食べかたによっては、老いない食べかた、もちろんその逆も存在するらしい。

どうせなら、老いない食べ方をしてみたい!それが本当に存在するのであれば。

真剣に。

続きを読む

黒豆にアレを入れるの!?ビックリ。

おおぉー、日記が空いてしまいました

って所で意外なことをききました

おせち料理には欠かせない黒豆。

おせち料理に関係なくとも、黒豆の甘煮を作る方、好きな方、ゼヒとも試しを

ナントなんと黒豆とコレ↓↓が相性が良いのです

kuromame umebosi small.jpg

梅干しーーーーー 塩っからいヤツ。

続きを読む

福岡へGO

福岡へ行きました

米子駅から夜行バスで1日1便です。

週末はほとんど満席

今回1席残ってて幸運にも最後の席を射止めた

新幹線の乗り換えとは違い、米子から福岡の博多駅・天神まで直で行けるので便利

眠ってたらあっちゅーまに着いちゃいます。

ただし、8時間半かかる

二度のトイレ休憩を逃してしまった、はち切れそうな私は、バスから降りた瞬間真っ先にトイレ直行!

今までにナイ長~~~~~~~~~いトイレ、至福のトイレを経験しました。

なにはともあれ、無事に福岡に着いてよかった。

24~28日まで滞在した福岡での出来事をチョコっと日記に載せていきます。

夜行バス 福岡

福岡日記(最終編)

これで今回の福岡滞在の福岡日記は最後にします。

福岡に行ったら、ほぼ毎回足が向いてしまうお店!「SASUKE」港店。

20081128 048.jpg 地下鉄大濠駅4番出口から徒歩7.8分。

店長のワカさん&料理人のモリック。かなりの美男子二人組??(美男子って言い方はやらないかw)見てのお楽しみ!(写真はあるけど非公開)

焼酎、梅酒の種類が豊富!

料理がとってもうまい!

20081128 050.jpg

特に軟骨の唐揚げ(ナンカラ)ナンカラナンカラぁぁぁぁぁぁあああ!こんなデカぃのみたことない!

続きを読む

初めて口にしたもの。

福岡にいた数日間、たくさんのお友達に会いました。

お友達からさまざまな美味しい食べ物を頂きました。

ちょこっと紹介。

kanure.jpg

これは、福岡三越の地下の「PAUL」のカヌレ

ありがたくもいつもコメントをくださるC-ZEROさんから頂きました。C-ZEROさんありがとう

外側はちょっと固めで甘くビターがきいていて、中はしっとり甘みあっさりの不思議な食感。1つ食べるだけでも腹持ちが良いかんじ。でもあまりにも美味しくていっきに2つたいらげました。

PAULは1889年からあるフランスの老舗のパン屋さんです。日本ではあまりみかけない珍しいパンがたくさんあります。

続きを読む