特別給付金、ネットで申請した

新型コロナウイルスの家計への影響の支援策、一人10万円の特別給付金のオンライン申請が自治体によって始まりましたね。

申請の仕方は、オンラインで申請する方法と、後に郵送される書面での申請の2通りあるようです。

私の市は、オンライン申請が5月2日からスタート、5月18日から順次郵送にて申請書類が送られてくるそうです。

世帯主だけ申請すれば良いです。家族の分の名前も入力できるので、それで人数分もらえるという形です。

私は、早速オンライン申請を世帯主のマイナンバーカードとパソコンとICカードリライタでやって申請できました。

特別給付金についてはこちら → https://myna.go.jp/SCK0101_01_001/SCK0101_01_001_InitDiscsys.form

カバ夫も私もスマホはiphone6なので、スマホ申請はできない(iphoneの人は7以上)

国のシステムってe-taxの確定申告もそうやけど

色々条件つきなのがしゃくにさわる( ̄^ ̄)ゞ

こないだのe-taxの確定申告の時に、マイナンバーカードの数字(4桁)のパスワードと署名用電子証明書の英数字(6文字〜16文字以下)のパスワードの2種類が必要でした。

この申請も、もちろんその2つのパスワードが必要です!

もし正しいパスワード入れても、申請できなかったら…

マイナンバーカードを作った後に住所などが変わっても住所変更で更新してるか、署名用電子証明書の期限内で有効かどうかも確認した方がいいです。

私の前回のブログにも書いていますe-TaxのエラーXU00S190解決!

上の画像は、JPKIというアプリをダウンロードして確認できます。

パスワードがわからないとか住所変更の更新していないとか期限無効だったら、市役所へ行って更新手続きを行います。

これで条件揃えば、ちゃんとできました!

作業の流れは、連絡先入力〜印刷送信の項目です。

終えたら、受付番号がもらえます。

オンライン申請の条件が整わない方、面倒な方は、少し後になりますが、書類申請が無難ですね。

しかし、海外と違って、日本は給付金をもらうのにとても面倒な申請ですね。

これでマイナンバーカードを国民に持たせようという魂胆も見えてきます。

日本の政府の対応を見ていると…

コロナウィルスのおかげで、見えないところがどんどん見えてきました。

日本は独立した安全な国だと思っていたけれど、安全・独立とは程遠いのではないか?

いつからか売国されたのではないだろうか?日本はどっかの国の属国のように思えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA