和のドールハウス(山家ツアー2)

しめ縄を教えて頂いた、パンフレットに載っている島田ヨシ子さん。

82歳とお聞きしましたが、好奇心旺盛なパワフルな女性です。

この方、他にもすごい才能をお持ちで…。

今回のツアーで垣間見ることが出来ました!

 

この作品!島田さんが作ったミニチュアハウス、和のドールハウスです!

子供の頃、駄菓子屋さんだったそうで、それを思い出しながら作ったそう。

演出がすごーく細かく楽しく、昭和にタイムスリップする作品です。

これを上から見ると、屋根をとると、こんな感じになります。

奥におばあちゃんが座ってます。左上のペコちゃんのみるきーの袋もそのほかのお菓子も全部、描いて紙粘土などで作ってあります。ほとんど廃材で作っているそうです。すごい!

 

上から見た感じです。

かのこ、和菓子屋さんのようです。ショーケースに色々な和菓子が並べられてます。美味しそう!

 

果物屋さんです。鮮やかな果物がぎっしり。リアルです!

 

あんみつ屋さんです。涼しげですねー。

 

お店ばかりでなく、お正月の風景や夏の風景などの家もたくさん作ってありました。

全部撮りたかったけど、実際見るほうが!

昭和にタイムスリップできて、まるでこの家にいるかのような気持ちになって、とってもほっこり、楽しくなります!

最初はこのツアーの中には、このドールハウスを見学する企画はなかったそう。

埃かぶった状態で物置みたいに置いてあったそうです。

このツアーの主催者の方が、島田さんのところでこのドールハウスを見つけて、すごい!って事で今回、埃も綺麗に取って、公民館で展示したそうです。

本当にすごい!ノスタルジー感じまくりですw。

平成も終わるし、昭和がますます恋しくなります。

おそらくこのドールハウスは、筑紫野のどこかでまた展示されるそうです。

しばらく、ハンドメイドから離れてましたが、なんだか私も作りたい意欲が湧いてきました。

島田さんの「今を生きる。」「今が一番楽しい!」と言っている笑顔が印象的でした。

あっという間のミニバスツアーでしたが、色々と刺激を受け元気をもらいました!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA